外科的な手術を行い脂肪細胞そのものをとり除く脂肪吸引

女性というのは誰でも美容に関心があるもので、様々な美容方法を実践していることでしょう。
しかし間違った美容方法を続けていても、自分が求める美しさを実現させることは出来ないのです。 吸引した脂肪を、胸など膨らみが欲しい部分に再注入させることの可能な脂肪注入法も現在注目されています。
ただし脂肪自体は軽いものですので、脂肪吸引をしても体重に大きな変化が現れることはありません。今非常に注目されている脂肪吸引というのは、外科的な手術を行い脂肪細胞そのものをとり除くものです。
カニューレと言われている金属性のストローと吸引官を使い、徐々に脂肪細胞を吸引していきます。

 

脂肪吸引によって取り除くことの出来る脂肪は皮下脂肪だけであり、内臓脂肪は無くすことが出来ません。
現在は、技術が進化してきており二の腕や胴回り、腹部、尻、太もも、ふくらはぎ、足首等あらゆる部分の脂肪吸引をすることが出来ます。

メール便のご案内
http://postmail.co.jp/
メール便ナビ



外科的な手術を行い脂肪細胞そのものをとり除く脂肪吸引ブログ:17 5 2017

こんちわ・・いやもうこんばんわか?まだか?

シェイプアップ中は、
お菓子は控えた方が良い!
というのは、わかっているんですが、
なかなか我慢できませんよねぇ〜?

で、おれは考えてみました…

「お菓子を食べたーい!」という人の頭の中は
「お菓子」→「美味しい」→「幸せ」
というイメージの連鎖ができていますよね。

だから、お腹が空いていなくても、
お菓子のパッケージを見たり、イメージするだけで、
甘い味や匂いや食感を思い出して
食べたくなってしまい、ついつい手が出てしまうのです。

実際、
お菓子を食べている時には
確かに美味しくて、
一時的に幸せな気分になるかもしれません。

しかし実際には、
食べ終わった後から、後悔と罪悪感が始まりませんか?

そうやって食べられた食物は、
ストレスとなってエネルギーとして発散されにくく、
その結果、脂肪になりやすくなるみたいですよ!

これって全然幸せなことじゃないですよね?

つまり
「お菓子」→「美味しい」→「幸せ」
ではなく
「お菓子」→「罪悪感」→「脂肪」→「不幸」
なのです!

だから、
お菓子のパッケージを見ながら、
食べてしまって後悔したことを思い出し、
そのイメージが常に思い出されるようになるまで、
何度も反復してイメージすれば良いと思うんです。

太っている自分のお腹を写真に撮るなんていうのも、
効果的かも…

何度も何度もお菓子のパッケージを見たあとで、
後悔した思いや太った写真を見て、
「お菓子」→「不幸」
というイメージを徹底的に焼きつけるのです。

そうすれば、
お菓子のパッケージを見ても、美味しそうな匂いを嗅いでも、
「もうあんな思いするのは嫌だ!」と思って
手が出なくなるんじゃないでしょうか?